鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮 源頼朝の他に足利氏や豊臣氏、徳川氏も・・・

@鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)

 

A神奈川県鎌倉市雪ノ下2−1−31

 

B八幡三神

 

 ・応神天皇(おうじんてんのう):第15代天皇。武家の守護神で、清和源氏や桓武平氏に崇拝された。
 ・比売神(ひめがみ):応神天皇の皇后との説あり。
 ・神功皇后(じんぐうこうごう):応神天皇の母。

 

 

C主祭神が「武家の守護神」だけあり「勝負運・仕事運・出世」にご利益大。

 

 女性の祭神もついているため「安産」「縁結び」の効果も。

 

 全て合わせて「家運隆昌」にご利益があると言われています。

 

 

D鶴丸

 

 

E起源は平安の世の、1063年(康平6年)。

 

源頼義が由比ヶ浜周辺に、石清水八幡宮の分社を祀ったのが始まりです。

 

その後、鎌倉幕府を開いた源頼朝が、社殿を小林郷北山に移転。

 

「鎌倉の町」の礎をつくります。

 

 

F鶴岡八幡宮は関東を代表する神社で、知名度は全国レベル。

 

日本人のライフステージのお参りには、欠かせない存在です。

 

命名、お宮参り、七五三、成人式、結婚・・・と、鶴岡八幡宮と共に育った人も多いはず。

 

安産のご利益もあるので、生まれる前からお世話になっていた人も少なくありません。

 

鶴岡八幡宮は、何しろ「あの」源頼朝にまつわる神社。

 

歴史上一、二を争う覇者に縁があるため、21世紀の今もなお「人生の成功を願う人」でにぎわっています。

 

足利氏や豊臣氏、徳川氏も鶴岡八幡宮を頼りにしていたんですよ。

 

 

●鶴岡八幡宮・御朱印

 

鶴岡八幡宮・御朱印

鶴岡八幡宮 源氏にゆかりのある神社で桜の季節が1番です

古都・鎌倉は、観光客が絶えない町。

 

そのなかでも鶴岡八幡宮は、大仏とともに「鎌倉二大観光スポット」として名を馳せています。

 

鶴岡八幡宮の見どころは、まず「源平池」。

 

太鼓橋を挟み、右は源氏に左は平家に。

 

武士の戦いが目に浮かぶ様は、まさに鎌倉ならではです。

 

しかし春には桜が、夏は蓮の花が咲き誇り、しばし争いを忘れる姿に。

 

とはいえ源平の因縁は根深いもの。

 

源氏側の三つの島は「産」を表し発展を願ったもの。

 

平家側の島は四つで、「死」の意味があるとされています。

 

ウットリするような景色の奥には、深い怨念がこめられているんです。

 

境内をズンズン歩き、大階段を登れば、そこには本宮が。

 

江戸幕府11代将軍・徳川家斉が造営した建物で、朱塗りの美しさが魅惑的。

 

意匠の美しさから、国の重要文化財に指定されています。

 

本宮脇の宝物殿も、見逃せないポイント。

 

刀や弓矢、舞楽面や衣類、お神輿など、様々な国宝や文化財を見ることができます。

 

「私、別に刀とか矢じりとか興味ないんだけど・・・」と思うかもしれませんが、まあ、そう言わずに行ってみて!

 

結構ハマって、帰る頃には「歴女」になっちゃうかもしれませんよ。

 

何としてでも恋愛や縁結び、安産を祈りたい人には、超オススメポイントが!

 

それは「政子石」。

 

政子とはもちろん、源頼朝の妻・北条政子のこと。

 

源頼朝は超愛妻家で、境内の石に、政子の安産を願ったそうです。

 

さらに鶴岡八幡宮の参道・段葛も、これまた政子の安産を祈って造られたもの。

 

ここまでくれば、夫婦円満も良縁も叶いそうですよね。

 

境内では、政子石に手を合わせる女性が後を絶ちません。

 

ちなみに段葛は、春に行くのがおすすめ。

 

桜とつつじのトンネルが、あなたを華やかに出迎えてくれます。

 

鎌倉のシンボル・鶴岡八幡宮。

 

人生を切り拓きたい人や、家庭を円満にしたい人、自分をうんと愛してくれるパートナーを見つけたい人に、最もおすすめのパワースポットです。

スポンサードリンク

関連ページ

平塚八幡宮
御朱印を頂きに神社巡りをしてみませんか?初詣など神社のパワースポットを歩くと縁結びの神様から、ご利益があるかもしれませんよ。商売繁盛も人の縁から始まります。神社、御朱印、祭神、神紋、狛犬、などご紹介。
京浜伏見稲荷神社
御朱印を頂きに神社巡りをしてみませんか?初詣など神社のパワースポットを歩くと縁結びの神様から、ご利益があるかもしれませんよ。商売繁盛も人の縁から始まります。神社、御朱印、祭神、神紋、狛犬、などご紹介。
江島神社
江島神社(えのしまじんじゃ)

ホーム RSS購読 サイトマップ