亀山八幡宮

亀山八幡宮

亀山八幡宮はいくつかありますが下関にある関の氏神様です

@亀山八幡宮(かめやまはちまんぐう)

 

亀山八幡宮

 

A山口県下関市中之町1−1

 

B応神天皇(おうじんてんのう):八幡大神・誉田別尊(ホンダワケノミコト)

 

仲哀天皇(ちゅうあいてんのう):足仲彦尊(アシナカツヒコノミコト)。第14代天皇で、応神天皇の父。

 

神功皇后(じんぐうこうごう):八幡姫大神・息長帯比売命(オキナガタラシヒメノミコト)。仲哀天皇の皇后で、応神天皇の母。

 

仁徳天皇(にんとくてんのう):若宮八幡・大鷦鷯尊(オオサギノミコト)。応神天皇の子ども。

 

 

C出世開運、夫婦円満、安産、子育大願

 

D木瓜(きうり)

 

亀山八幡宮・神紋

 

E平安時代の初期、貞観元年(859年)に創建。

 

僧侶・行教が、八幡神を宇佐(現代の大分)から京都・石清水八幡宮に勧請する際、停泊したのがきっかけです。

 

行教が「ここは清らかな土地なので、しばらく祀ってから進みなさい」という神託を受け、連れの勅使を通じ国主に命令。

 

まず仮殿を作り祀ったことが、亀山八幡宮の始まりと言われています。

 

関の氏神 亀山八幡宮 

 

F亀山八幡宮は、通称「関の氏神様」。
下関市60ヶ町の氏神様として、地元の人々に愛されています。

 

この「関の氏神様」、夫婦円満や子育てにもご利益がありますが、「人生を切り拓く効果」が絶大!

 

なぜなら、八幡様は武力の神だから。

 

大志をもって勝負をかける人を、亀山八幡宮は強力サポート。

 

その効果が評判を呼び、大内氏や毛利氏などの有力武家が厚い信頼を寄せてきました。

 

しかも亀山八幡宮は、安全性も保障。

 

昔から「海の鎮護の神」といわれ、室町時代は遣明船が航海安全を祈願しています。

 

「大きな災いに遭うことなく、キャリアアップしたい」

 

「夫に出世してほしい」

 

「子どもが病気やケガをすることなく、将来、夢を叶えますように・・・」

 

「飛躍と安全」の両方を願うなら、亀山八幡宮はオススメです。

 

 

●亀山八幡宮・御朱印

 

亀山八幡宮・御朱印

 

●亀山八幡宮・御朱印帳

 

亀山八幡宮 御朱印帳

亀山八幡宮 下関の唐戸市場すぐ側なので・・・

御朱印巡りとグルメ巡り、同時に楽しみたい!
そう思ったら亀山八幡宮へ。

 

道をはさんだ目の前に、唐戸市場があります。

 

亀山八幡宮と唐戸市場

 

唐戸市場は、ずばり「西の築地」。

 

下関が誇る海の幸、とらふく(とらふぐ)の握り寿司や、ふくの赤だしなどを味わうことができます。

 

亀山八幡宮 フクの像

 

八幡様に祈りを捧げ、広大な海を眺めながらお寿司を食べれば、元気いっぱい!お腹いっぱい!
心も身体も大満足の御朱印巡りができちゃいます。

 

さらに亀山八幡宮は、「頭」も満足させられるインテリジェンスな神社。
林芙美子や金子みすゞなど、山口県出身の作家や詩人の碑が建てられています。

 

亀山八幡宮 案内図

 

特に金子みすゞは亀山八幡宮とゆかりが深く、自死の前日、亀山八幡宮そばの写真館で最後の写真を撮ったと言われています。

 

文学や詩が好きな方なら、亀山八幡宮は一度は訪れたい場所です。

 

そして何と言っても亀山八幡宮は、夫婦円満と出世に効く!

 

境内のお亀茶屋跡は、初代総理大臣・伊藤博文と奥様が出会った場所です。

 

その出会い方は、とっても運命的。

 

時は慶応元年。
伊藤博文が刺客に襲われ亀山八幡宮に逃げ込んだところを、お茶子だった梅子さんが救け、ゴールインしたんですって!

 

伊藤氏は皆さんご存知のとおり、その後大出世。
長州藩の有力者としてトントン拍子に名をあげ、初代内閣総理大臣に就任します。

 

妻の梅子さんも夫の出世に伴い、教養あふれるレディーへと成長。
伊藤博文は結局、暗殺されてしまいますが、夫婦は生涯仲良く寄り添ったそうです。

 

亀山八幡宮の「出世への効力」はもともと評判で、武士にも愛されてきました。

 

でも伊藤博文のエピソードを聞くと、これはいよいよ効きそうな予感がしますよね。

 

亀山八幡宮 ご祈願

 

「将来有望な男性と結婚したい」

 

「夫婦仲良く、一緒にステップアップしていきたい」

 

そう願う女性に、亀山八幡宮はピッタリ。

 

婚活中の方にもオススメのパワースポットです。

 

トップページに戻る

亀山八幡宮の備忘録アレコレ

神社にお参りする時に手水舎と狛犬も結構見ている私です。

 

亀山八幡宮 手水舎

 

手水舎は龍が普通にいたりするのですが、こちらの神社は亀です。

 

亀山八幡宮 手水舎の亀

 

亀山八幡宮というだけあって水が出てくる部分は亀なんですね。

 

トップページに戻る

関連ページ

赤間神宮
赤間神宮は下関にある神社です。源平合戦で破れ8歳で入水した安徳天皇を祀っています。安徳天皇を偲んで毎年5月に先帝祭が行われますよ。境内には平家一門のお墓がありますし「耳なし芳一」の舞台はこの神社です。
防府天満宮
防府天満宮は山口県防府市にある神社です。菅原道真公が御祭神で日本一古い天神様。日本三大天神の1つになります。石段を下りる裸坊祭(はだかぼうまつり)は勇壮で、牛替神事には本物の牛が登場です。

ホーム RSS購読 サイトマップ