阿智神社

阿智神社

阿智神社の御祭神は宗像三女神 海の守り神です

@阿智神社(あちじんじゃ)

 

阿智神社

 

 

A岡山県倉敷市本町12−1

 

 

B祭神

 

宗像三女神(むなかたさんじょしん):アマテラスとスサノオ(天照大神と素戔嗚尊)の誓約で産まれた、三人の女神。

 

◎長女・多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)。

 

◎次女・多岐都比売命(たぎつひめのみこと)。

 

◎三女・市寸嶋比売命(いちきしまひめのみこと)。「弁財天」と同一説も。

 

宗像三女神はいずれも「容姿端麗」と名高い神様。

 

さらに「霧」「岐」という「読み・漢字」からもわかるように、「海の守り神」と言われています。

 

 

 

C海上安全・交通安全・商売繁盛・美容・芸事の上達

 

「海の守護神」が高じて、交通安全のご利益があります。

 

さらに海上交通といえば「交易」。

 

阿智神社は商売繁盛にもご利益があると評判です。

 

三女神の美貌から、「美容」にもご利益があるとか。

 

市寸嶋比売命が弁天様であることから、「財」はもちろん「芸事の上達」にもご利益があると言われています。

 

豊かな暮らしと美貌、そして一生輝きたい女性にとって、阿智神社はぜひ訪れたいパワースポットです。

 

 

D三つ巴

 

岡山・阿智神社・神紋

 

 

E阿智神社は1700年もの歴史を誇る、非常に由緒ある神社。

 

創建は諸説ありますが、「阿知使主(あちのおみ)定住説」が有力。

 

西暦291年、応神天皇の時代、韓国から阿知使主が渡来し当地に定住。

 

阿知一族は養蚕・織物などの技術を伝えたため、地域は繁栄。

 

その功績から「阿知」の地名がつけられ、阿智神社の起源となったと言われています。

 

阿智神社の杜

 

 

また阿智神社には、かつて違う名称が。

 

その名は「妙見宮」。

 

 

応神天皇の母・神功皇后が三韓遠征に行く途中、海で遭難。

 

宗像神に祈ったところ、三振りの剣が降臨し、航路が照らされる現象が。

 

九死に一生を得た神功皇后は、海を照らした剣を崇め、現・阿智神社を「妙剣宮(妙見宮)」と称して祀りました。

 

しかし明治に入り、様相が一変。

 

政府の神仏分離令により、「妙見宮」から「阿智神社」に復号されました。

 

「妙見信仰」とは仏教の菩薩を崇めること。

 

神仏分離のためには、名称を変えざるを得なかったのでしょう。

 

阿智神社・前面

 

 

F阿智神社は、倉敷の総鎮守。

 

歴史が古く、倉敷繁栄の礎を築いた神社なので、地元で厚い信頼を集めています。

 

よって初詣や七五三は「阿智神社」が定番です。

 

人気の理由は、「歴史の深さ」「繁栄の功績」だけではありません。

 

阿智神社は、ご利益が非常に幅広い神社。

 

主祭神は宗像三女神ですが、祭神は約20名。

 

厄除け・病気平癒にご利益がある素戔嗚尊、さらに学問の神・菅原道真公も祀られています。

 

 

交通安全・商売繁盛に加え、健康・学業にもご利益があるなら人気も当然。

 

子どもや孫が受験を突破し、事故に遭わず、学費を滞納することもなく、溌剌と社会に送り出したい・・・。

 

そんな願いをお持ちなら、阿智神社を参拝してみてはいかがでしょうか。

 

 

●阿智神社・御朱印

 

 

岡山・阿智神社・御朱印

阿智神社が鎮座しているのは、「倉敷美観地区」

G阿智神社へのアクセスは、JR倉敷駅から徒歩15分。

 

阿智神社・本殿

 

 

車で行く場合は、倉敷インターまたは早島インターから15分。

 

境内に駐車場はありますが、車で行く際はご注意を。

 

阿智神社・案内図

 

 

何しろ阿智神社が鎮座しているのは、「倉敷美観地区」。

 

白壁や瀟洒な屋敷、蔵や美術館など、品格ある町並みには思わずうっとり。

 

江戸時代にタイムスリップしたような気分も味わえ、日本でも有数の観光地です。

 

阿智神社は、そんな倉敷美観地区にあるため観光客多数。

 

さらに神社周辺の道は狭いため、いつもよりさらに安全運転で行きましょう。

 

 

阿智神社の御朱印授与時間は、8時30分〜17時。

 

御朱印帳は、とってもかわいいウサギのデザイン。

 

なぜ「ウサギ」が描かれているかというと、阿智神社のシンボルだから。

 

境内・随身門にウサギの彫刻が施されているため、阿智神社ではウサギデザインの授与品が多いんです。

 

 

阿智神社・随身門

 

 

珍しい御朱印帳・可愛い御朱印帳を集めている人は、阿智神社の御朱印帳はマストですよ。

 

阿智神社・社務所

 

 

ちなみに阿智神社では、何と四種もの御朱印を拝受可能。

 

阿智神社の御朱印ほか、境内の倉敷護國神社など三つの社の御朱印をいただけます。

 

すべての神社を心を込めて参拝し、御朱印をいただけば、「阿智神社のオールマイティーなご利益」がいっそう高くなりますよ。

 

そして阿智神社を参拝したら、ぜひ観賞したいのが藤の花。

 

「阿知の藤」は、藤のなかでも珍しい「アケボノ藤」という品種。

 

春に参拝すると、そんな珍しい藤の大棚を拝むことができます。

 

県の天然記念物にも指定されているんですよ。

 

「阿知の藤」は樹齢300年とも500年ともいわれており、「藤=不死」ともいわれる縁起物。

 

神功皇后の命を救ったという逸話もあるだけに、阿智神社はどんな苦難に陥っても、私たちを不死身にしてくれそうです。

 

神社オリジナル「藤のお守り」も身につければ、不老長寿も夢じゃないかも!?

 

年齢を重ねたら、いざ倉敷へ。

 

いつまでも変わらぬ健康と美、豊かな生活、子どもや孫の幸せが叶い、最高の人生になりますよ。

 

阿智神社・干支

 

 

トップページに戻る

関連ページ

吉備津神社
吉備津神社は岡山市にある神社です。「備中国一宮」で近くにある吉備津彦神社は「備前国一宮」主祭神は共に大吉備津彦命。約400メートルの長い廻廊はとっても素敵です。神社は桃太郎伝説でも知られています。
吉備津彦神社
吉備津彦神社は岡山市北区にある神社です。備前国一宮で別称は「朝日の宮」桃太郎伝説のモデルになった大吉備津彦命が御祭神。近くにある吉備津神社の御祭神と同じです。両参りされてみては如何ですか?

ホーム RSS購読 サイトマップ